平素より弊社取り扱い製品をご愛用くださり誠にありがとうございます。Aurender製コントローラーアプリおよびシステムソフトウェアのアップデートが実施されましたので、ご案内申し上げます。変更点は以下の通りです。

  1. ユーザーインターフェースが改良されました。
    1. 検索窓をタッチした際に「アーティストで検索」、「アルバムタイトルで検索」などと表示されるようになりました。
    2. ポップアップメニューの表示動作が改良されました。
    3. Dual AES出力時にS/PDIFモードが自動的に「プロフェッショナル」に切り替わるようになりました。
    4. アルバムのリリース年でのソート機能が追加されました。「アルバム」ボタンを長押ししてポップアップメニューからアルバムでソート、アーティストでソート、アルバムリリース年でソートのいずれかを選択することができます。
  1. 各種USB DACとの互換性が向上しました。新たにサポートされたUSB DACは以下の通りです。
    1. M2TECH製Hi-face USB DACモジュールを搭載する製品
    2. Chord製QuteEX DAC
    3. Playback Designs製USB-X DDC
    4. Benchmark DAC(動作の安定性向上)
  1. 各種DSDフォーマットのファイルについて再生互換性が向上し、ファイルスキャン速度が向上しました。また、DSFファイルを再生した際にポップノイズが生じる不具合を修正しました。
  2. スキャンの一時停止および再開機能が追加されました。これにより、音楽再生中のハードディスクの回転をさらに抑止させることが可能になりました。
  3. ストリーミング再生中の動作を改良しました。ストリーミング再生時にはスキャン動作は一時停止する設定となりましたので、ファイル再生が完了してからファイルのスキャンを手動で再開してください。
  4. DSDフォーマットソート機能が改良されました。DSDフィルタリングボタンを長押しした際にDSDフォーマットのファイル以外を参照する機能が追加されました。
  5. プレイリストを保存する際の動作の安定性が向上しました。
  6. 外部NASのファイルを参照する際の動作の安定性が向上しました。
  7. WAVファイルのタグ情報の参照が可能になりました。
  8. ユーザーインターフェースに表示される情報を追加しました。
  9. iOSデバイスからのストリーミング再生の安定性が向上しました。
  10. タイムゾーンの設定を改良しました。
  11. データベースとのシンクロ機能を改良しました。
  12. W20のVUメーターが動作しない不具合を改善しました。ただし、DSDフォーマットのファイルについてはVUメーターは動作いたしません。
  13. Constellation Audio社製アンプとのボリュームコントロール機能の不具合を修正しました。
  14. その他のバグフィックスが実施されました。
  15. 動作の全般的な動作安定性が向上しました。

今後も弊社取り扱い製品をお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。

アップデート方法

システムソフトウェアのアップデートはコントローラーアプリから行って下さい。手順は下記をご参考いただければと存じます。
http://www.aurender.jp/manual-home/ipad-application-settings-menu/upgrade/

また、システムソフトウェア、コントローラーアプリどちらを先にアップデートしていただいても構いませんが、新機能のご利用ついては両方がアップデートされていることが必要となります。