メディアサーバー・ネットワークトランスポート「aurender」

X725オンラインマニュアル

はじめに

Aurender X725をお買い求めくださり誠にありがとうございます。本ユーザーガイドには,X725の設定,インストール,使用方法,および機能についての説明が記載されています。ご使用になる前にご一読いただきますようお願い申し上げます。

製品の保証

X725の保証期間はお買い求めいただいた日から起算して2年間になります。本保証については、(1)通常の使用における製品の消耗、(2)ユーザーの過失による破損、(3)当社または各国の総輸入元の指示に従わず第三者により行われた修理および改造、を原因とする故障には適用されません。保証期間中の修理については、TV Logic社の負担により修理を行います。

X725はX100/N100HなどのAurenderネットワークトランスポート製品と組み合わせてお使いいただくことを想定して設計されています。また、スピーカーについては、耐入力が250W以上のものをお使いください。

お使いになる前に

製品をお使いになるまえに、以下の諸注意をご確認ください。ご確認いただく前に設置や他の機器と接続することはお控えください。

  • 内部を損傷させる原因となる落下や手荒な取扱をせず、慎重に製品を取り扱ってください。
  • 製品を分解しないでください。
  • 製品を油,埃,高湿度,煙にさらさないでください。通気孔を障害物でふさがないようにしてください。
  • 清掃は柔らかい布で行ってください。水やその他の液体が触れないようにしてください。
  • 修理は認定業者が行います。認定業者以外が修理を行った場合,保証は無効となります。
  • 激しい雷雨や長期間使用しない場合には電源コードを抜いてください。
  • 電源を落としてから電源プラグを抜くようにしてください。
  • ケーブルを接続したり取り外したりする場合には,必ず電源を落としてください。
  • ACの電圧がお使いの地域の電圧に設定されていることを確認してください。
  • 左右のスピーカー出力の極性が適切に接続されているか確認して下さい。
  • 製品に損害を与えないよう,スピーカーとの接続がショートしていないことを必ず確認してください。

<注意>ケーブルを接続する場合には,全ての機器の電源をお切りください。また,すべての機器が接地されていることを確認するようにしてください。グラウンド端子付き電源コードを,グラウンド端子のあるコンセントに接続することで接地することができます。

付属品

X725_01

  • AURENDER X725 DAC Amplifier本体
  • 電源コード
  • USBケーブル(A端子-B端子)
  • リモコン(CR2032型のボタン電池1個同梱)
  • ユーザーマニュアル(英文)

クイックスタートガイド

  1. Aurenderトランスポート製品とルーターとの間をイーサネットケーブルで接続してください。
  2. Aurenderトランスポート製品とX725との間をUSBケーブルで接続してください。
  3. X725とステレオスピーカーとの間をスピーカーケーブルで接続してください。
  4. Aurenderトランスポート製品とX725に電源コードを接続してください。
  5. Aurenderトランスポート製品の電源スイッチを入れ、フロントパネルのパワーボタンを押してください。
  6. X725の電源スイッチを入れてください。
  7. AurenderコントロールアプリをAurenderトランスポート製品と接続してください。
  8. 曲を選択し再生してください。
  9. ボリュームを調整してください。

X725_02

製品の概要

フロントパネル

X725_03

X725のフロントパネルにはボリュームコントロール用のノブ、LEDのインジケーターライト、リモートコントロール信号の受光部があります。

X725フロントパネル部

  1. Aurenderロゴ
  2. リモートコントロールIR受光部
  3. ボリュームコントロールノブ
  4. LEDライト
  • 電源のON/OFF、ミュート、ボリュームの上下、曲のスキップは付属リモコンからも可能です。
  • ボリュームは-96 dBFSから0 dBFSまで、0.5 dBステップで調整することができます。工場出荷時の設定は-60 dBFSです。
  • オーディオ信号がUSB端子経由で入力されている場合には、LEDライトが白色に点灯します。オーディオ信号がS/PDIF端子経由で入力されている場合には、LEDライトが緑色に点灯します。ボリュームをリモコン経由で調整した場合には、LEDライトが点滅します。

リアパネル

X725_04

X725のリアパネルには、USBオーディオ入力、光デジタル入力、スピーカー出力用バインディングポスト、電源スイッチ、および電源インレット端子があります。

X725リアパネル部

  1. スピーカー出力端子(右チャンネル)
  2. USB 2.0 B端子コネクター
  3. 光デジタル入力端子
  4. スピーカー出力端子(左チャンネル)
  5. 電源スイッチ
  6. 電源インレット端子
  • X725の最大出力は250W/ch(4Ω時)です。スピーカーケーブルを接続する際には十分注意してください。ケーブルを接続前に必ず電源をオフにしてください。また、左右のスピーカーが正しくバインディングポストに接続されていることを確認してください。
  • USB端子からの直流電流は5V100mA以下となります。
  • X725の電圧は出荷時に設定されています。お使いの地域に最適化されていることを確認してください。

仕様

対応フォーマット AIFF, ALAC, FLAC, WAV, M4A, APE, DSD (64, 128)
インターフェース IRリモコン, Aurender App(Aurender製トランスポート経由でのコントロール), ボリュームノブ
​ボリューム調整幅 -95dB ~ 0dB​
出力 2 x 100W @ 0.01% THD+N, 8ohm​ 2 x 230W @ 1% THD+N, 4ohm
​全高調波歪率+ノイズ 0.008%(typ.) @ 1W, 8ohm, 1kHz
​周波数特性 20Hz ~ 20kHz ( <+/-0.5dB )​
デジタル入力​ USB 2.0(USB Audio Class 2.0) B端子 1系統、光デジタル端子(~24bit/192kHz) 1系統
アナログ出力 スピーカー出力端子(ステレオ) 1系統
電源 AC 100V 60/50Hz 5A
寸法 ​215 x 55 x 355 mm
​重量 ​4.7kg

操作方法

Aurender X725はオールインワン型のDAC・プリアンプ・パワーアンプで、オーディオシステムの設置や設定の煩雑さをシンプルにするために設計されました。今日、デジタルオーディオのソース機器(ミュージック・サーバー、デジタル・オーディオ・プレーヤー・CDプレーヤー、BDプレーヤー)のバリエーションが広がっていることで、オールインワン型のDAC・プリアンプ・パワーアンプの需要が生まれました。DAC・プリアンプ・パワーアンプを一体にすることで、ソース機器とスピーカーをつなぐだけで音楽を楽しむことができます。デジタルオーディオ接続することにより、左右のチャンネルを別々に接続する必要はありません。シンプルなUSBケーブルまたは光デジタルケーブルを、電源コード、LANケーブル、そしてスピーカーケーブルが、必要な全てのものになります。X725とAurenderトランスポート製品との組み合わせによるオーディオシステムは、従来の伝統的アナログベースのオーディオシステムと比べて少ないケーブルで、より素早くそして簡単に設置することができます。

USB入力端子および光デジタル入力端子からのデジタルオーディオ信号は内蔵のDACによりアナログ信号に変換されます。プリアンプ部がボリュームを調整し、入力の切り替えを行います。また、パワーアンプ部がアナログ信号を増幅しスピーカーを駆動します。

X725とAurender X100をスピーカーに接続した場合のシステム構成図を示します(図5)。DACおよびアンプを一体化したことにより、X725はシンプルな設置と接続を可能にしています。さらに、X725とX100はiPad用のAurenderコントローラーアプリにより、ハイレゾ音源を含むあらゆる楽曲の、簡単かつ素早い選曲と再生が可能です。

基本的な操作方法

X725は、デジタルオーディオ信号をUSB 2.0端子または光デジタル入力端子から受け取り、アナログ信号に変換し、増幅してバインディングポスト経由でスピーカーを駆動します。以下のX100とX725の接続例をご確認ください。USB 2.0端子を使う場合、X725とX100の全ての機能をiPadのコントローラーアプリから操作することができます。ボリュームを変更した場合や、その他のX725の設定を変更した場合には、X100のフロントパネル部のLCDディスプレイに表示されます。X725およびX100は非常にコンパクトでかつ便利なオーディオシステムを作り上げるために設計されています。

光デジタル入力はその他のデジタルソース機器(CD、DVD、Blu-ray)とX725とを接続する場合にご利用いただけます。

X725_05

電源コードの接続

X725_06

電源コードをACインレットに接続してください。AC電源の電圧がACインレット横に記載されていますので、必ず確認してください。日本向け仕様は110Vと記載があります。

USB 2.0ケーブルの接続

X725_07

USB Audio Class 2.0端子は「USB IN」の記載があります。X100などのAurenderトランスポート製品と接続してください。USB 2.0ケーブルはB端子を持つものをお使いください。

スピーカーとの接続

X725_08

スピーカー接続用のバインディングポストには、「SPEAKER OUT」と記載があり、「- ○R –」「- ○L –」とチャンネルと極性が記されています。バインディングポスト経由で接続されているスピーカーが正しい極性となっているか、確認してください。

Aurenderトランスポート製品とのUSB接続

X725_09

  • 電源スイッチがオフになっていることを確認してから、電源コードをAurenderトランスポート製品とX725につなぎ電源を供給してください。
  • Aurenderトランスポート製品とルーターとの間をイーサネットケーブルで接続してください。
  • Aurenderトランスポート製品とX725との間をUSBケーブルで接続してください。
  • X725とステレオスピーカーとの間をスピーカーケーブルで接続してください。
  • Aurenderトランスポート製品の電源スイッチを入れ、フロントパネルのパワーボタンを押してください。
  • X725の電源スイッチを入れてください。
  • AurenderコントロールアプリをAurenderトランスポート製品と接続してください。
  • iPad上で表示される曲のタイトルを押して曲を選択しキューに登録して再生してください(詳細な再生方法はトランスポート製品のマニュアルをご覧ください)。
  • ボリューム、スキップ、再生、一時停止その他の機能もiPad用のコントローラーアプリ経由で操作することができます。

S/PDIF接続

X725_10

  • 光デジタル入力端子を使って、DVDプレーヤー、Blu-rayプレーヤーなどその他のデジタルソース機器とX725とを接続することができます。
  • iPad用コントローラーアプリを使って、ソースセレクトメニューからS/PDIFを選択します。(注意:入力切替はX100などのAurenderトランスポート製品とX725とを接続した状態で、iPadアプリを使わなければ操作することができません。)
  • ボリューム機能をiPad用のコントローラーアプリ経由で操作することができます。

リモートコントロール

X725_12

X725のリモコンは底部に小さいスロットがあり、これを引き出してCR2032型のボタン電池をいれることで動作します。

  • 消音ボタン – アナログ出力をミュートします。
  • 電源ボタン – USBケーブル経由でAurenderトランスポート製品と接続されている場合に、トランスポート製品の電源をオフにします。(Aurenderトランスポート製品接続時のみ利用可能)
  • ボリューム/スキップ/再生/一時停止ボタン – 外側のリングの上側を押すと音量を上げる、下側を押すと音量を下げることができます。外側のリングの左側を押すと前の曲に、右側を押すと次の曲に進みます。中央のボタンを押すと、選択中の曲を再生/一時停止をすることができます。(Aurenderトランスポート製品接続時のみ利用可能)
  • 停止/再開ボタン – 再生を停止する、または再開します。(Aurenderトランスポート製品接続時のみ利用可能)
  • メニューボタン – 入力をUSB入力から光デジタル入力に変更します。(Aurenderトランスポート製品接続時のみ利用可能)
  • 音量増ボタン – 音量を上げます。
  • 音量減ボタン – 音量を下げます。
PAGETOP
Copyright © 株式会社エミライ 国際貿易事業部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.