DSD512対応 / MQAコアデコーダ / 1TB SSDキャッシング付き4TB SSDストレージ / オーディオ用バッテリー駆動電源付き / CPU用フルライン電源 / 二重絶縁LANとオーディオUSBポートを搭載 / デュアルAES/EBU 最大24ビット384kHz、同軸、BNC、光出力 / ワードクロック入力

2013年の発売以来、Aurender W20は「他社製品を評価するうえで必ず比較対象となるミュージックサーバー」というポジションを占めてきました。今回新たに改良を施された新しいW20 Special Edition(以下、「W20SE」)は、ユーザーエクスペリエンスと絶対的なオーディオパフォーマンスの両方で再びハードルを上げています。

W20SEは、世界の最高級オーディオシステムに選ばれるミュージックサーバーです。Aurender W20SEは、高性能なD/Aコンバーター製品とともに使用するように設計されており、プロのオーディオスタジオやレコーディングスタジオで使用される外部ワードクロックをサポートしている数少ないミュージックサーバーの1つです。さらに、いくつかのリファレンスグレードのデジタル-アナログコンバータで使用されるデュアルワイヤモードのAES/EBUは、より忠実度を向上させるために左右のチャンネルの別々の伝送を可能にします。他方で、外部ワードクロック入力やデュアルAES/EBU出力を使用しなくても、W20SEのバッテリー電源はノイズフロアを劇的に低減し、完全に静寂なバックグラウンドを実現します。再生用に4TBの内蔵SSDと1TBのSSDキャッシング・ドライブを搭載したW20SEは、大規模なハイレゾリューション・ミュージック・コレクションにも理想的なソリューションです。

DSD512出力に対応、バッテリ電源、デュアルワイヤAES/EBU、マスタークロック入力を備えた革新的な技術

デジタルオーディオでは、オーディオ信号のジッターやノイズがD/Aコンバーターの性能に悪影響を及ぼすことがあります。Aurender W20は、オーディオ回路の電源にLiFePO4(LFP)電池を使用することで、AC電源やAC電源からのノイズを完全に排除した世界初(※ Aurender調べ)のミュージック・サーバーです。W20SEも同様の方式でオーディオ出力のノイズを最小限に抑えています。

FPGAベースのOCXO(オーブン制御水晶発振器)クロックを搭載した完全全デジタル制御のフェーズロックループ(PLL)システムを使用して、長期ジッターを無視できるレベル以下に維持し、特別に設計された回路が、DSD512に対応する専用のUSB 2.0デジタルオーディオ出力にクリーンでノイズのない電源を供給します。

再生用のソリッドステート・キャッシング・ドライブ(SSD)は、厚手のアルミニウム製パーティションを使用した広範囲のシールドによって分離されており、再生用ディスク・ドライブの使用に通常関連する多くの種類のジッターやノイズを最小限に抑え、排除しています。

製品バリエーション品番JANコード商品ジャンル希望小売価格(税込)発売時期
W20 Special Edition (Silver)ARD-W20SE-S4562314015652 メディアサーバー3,190,000円2021年1月29日
W20 Special Edition (Black)ARD-W20SE-B4562314015676 メディアサーバー3,190,000円2021年1月29日

製品の概要

  • 超低ノイズ電源回路を備えたDSD512対応専用USBオーディオクラス2.0出力端子
  • ネットワーク接続用に豊富な端子群を搭載したデジタルオーディオ出力機能
  • 全ての機能制御のための便利な機能を詰め込んだAurender専用アプリ
  • MQAコアデコーダーに対応(オプション)
  • 外部クロック入力端子搭載
  • デュアルワイヤーモード対応AES/EBU出力端子
  • オーディオ回路用セパレートLiFePO4(LFP)バッテリー電源
  • 突然の停電時にW20SE を保護するUPS機能内蔵
  • 長期ジッター低減のための恒温槽付水晶発振器(OCXO)を搭載
  • FPGAによる高精度DSD-PCM変換
  • FPGAベースの完全デジタル制御フェーズロックループシステム(PLL)
  • 強力なリニア電源を搭載
  • 二重絶縁LANポート搭載
  • USB HDDとNAS(ネットワーク接続型ストレージ)に対応
  • リモートインターネット技術サポート対応(英語のみ)

製品の特長

超低ノイズ電源回路を備えたDSD512対応専用USBオーディオクラス2.0出力端子

DSD512に対応する専用の次世代USBオーディオクラス2.0出力は、ノイズのない極めて透明なオーディオ信号を伝送するように設計されており、外部の電子干渉からシールドされています。W20SEのUSBオーディオ出力は、ノイズやジッターのない伝送をDACに提供し、最高のパフォーマンスを実現します。

ネットワーク接続用に豊富な端子群を搭載したデジタルオーディオ出力機能

最高性能のD/Aコンバーター製品とのマッチングを重視した設計のAurender W20SEは、様々なSPDIF出力(デュアルAES/EBU、同軸BNCと光)とDSD512に対応する1系統の専用USBオーディオクラス2.0出力が装備されています。ネットワーク接続とファイル転送のために、W20SEは1ギガビットイーサネットポートと2つのUSB 2.0データポートが付属しています。

全ての機能制御のための便利な機能を詰め込んだAurender専用アプリ

Aurender Conductorアプリは、iPadをすべてのAurenderミュージックサーバーのための多目的なユーザーインターフェイスに変えます。Aurenderサーバーのすべての設定と機能は、設定メニューから簡単にアクセスでき、Conductorには、高解像度の音楽コレクションの閲覧と再生を簡単にするための豊富な機能が搭載されています。2つのストリーミングサービス、QobuzとTidal(※ サブスクリプション契約が別途必要です)は、何百万もの高解像度のアルバムに簡単にアクセスできるように、Conductorアプリ内で統合され、一元的に管理することができます。

Aurender ConductorはIOSとAndroidの両方のプラットフォーム上で利用することができ、ユーザーはAppleのiPadや様々なAndroid携帯電話やタブレットを使用して自分の音楽にアクセスすることができます。

MQAコアデコーダーに対応(オプション)

AurenderのMQA Core Decoderのアップグレードにより、MQA Coreデコード機能によるファーストアンフォールドが可能になり、最大88.2kHzまたは96kHzでのMQAファイルの再生が可能になります。これは、MQA以外のDACを使用している場合、Core DecodingによってMQAエンコードされたコンテンツのMQAメリットの一部が得られるため、有益です。さらに、MQAコア・デコーダーは、MQAデコーディングの第2段階であるMQAレンダリングを実行するDACと連携させることで、完全なMQAデコーディングが可能になります。

外部クロック入力端子搭載

デジタルオーディオ信号をCOAXやAES/EBUで送るプロトコルをS/PDIFといいます。

S/PDIFはハンドシェイクなしでクロックとデータを一緒に送信します。DACのクロックは、オーバーフローやアンダーランを避けるために、信号に含まれるクロック信号に追従する必要があります。S/PDIFのクロックに同期しようとするこの動作は、DACのクロックにジッターを発生させる可能性があります。

より良い方法としては、DAC のクロックと音楽ソースからのデータのみを使用する方法がありますが、この方法では同期を保証することはできません。DACのクロックをマスタークロックとして動作させ、データとの同期を保つためには、オーディオソースは、入力されたマスタークロックに同期してオーディオデータを出力するマスタークロック入力を必要とします。このようにして、オーディオソースからDACへのS/PDIF接続のジッターは事実上排除されます。

別途マスタークロックを使用したい場合は、マスタークロック入力付きのDACの他に、マスタークロック入力付きのミュージックサーバーが必要となります。また、レコーディングスタジオでは、デジタル機器間のタイミングを同期させるためにワードクロックを使用することが一般的です。

W20SEは、以下の周波数のクロック信号の入力に対応しています。

  • マスタークロック:10MHz、12.8MHz
  • ワードクロック:44.1kHz、48kHz、その他各周波数の整数倍の周波数

加えて、W20SEはワードクロック(dCS、DACまたは類似のもの)またはマスタークロック(MSB DACまたは類似のもの)の両方の入力をサポートしています。

デュアルワイヤーモード対応AES/EBU出力端子

AES/EBU モードは、デジタル/アナログ変換器のリファレンスとして使用されることもあり、AES/EBU デジタル接続の解像度を 2 倍にするために使用されます。AES/EBU 出力をデュアルモードで使用する場合,左右のチャンネル情報を 192kHz のサンプルレートで伝送することで,24 ビット/384Hz のステレオ伝送が可能となります。1本あたりの最大周波数が半分になるため、伝送線路の制約が少なくなります。

オーディオ回路用セパレートLiFePO4(LFP)バッテリー電源

W20SEは、2基のバンクからなるLiFePO4バッテリー電源が交互にオーディオコンポーネントに電力を供給し、充電を行います。この技術は、グランドノイズからオーディオコンポーネントを完全に分離し、ジッターやACからDCへの変換でしばしば発生する歪みを低減します。

突然の停電時に W20SE を保護するUPS機能内蔵

予備のLiFePO4電池バンクが無停電電源装置(UPS)として機能し、突然の停電に備えてシステムを保護します。このUPSにより、W20SEは常に安全にシャットダウンすることができます。

長期ジッター低減のための恒温槽付水晶発振器(OCXO)を搭載

OCXOは、今日利用可能な最も正確で安定したクロックの一つです。OCXOは、コンピュータに使用されている一般的な水晶発振器と比較して、何桁もの精度と安定性を持っています。一般に、温度変化により水晶発振器の周波数が変動し、デジタルオーディオ信号の経路にジッターが発生する可能性があり、一般的な水晶発振器は安定性が低く、時間の経過とともに精度が低下してしまう問題がありますが、OCXOクロックは、非常に安定した高品位の水晶発振器を採用しているだけでなく、温度変化によるジッターを防ぐために一定の温度に保たれたコンパートメントに発振器を封入しています。

FPGAによる高精度DSD-PCM変換

多くのDACはUSB入力のみでDSDデコードをサポートしていますが、S/PDIFやAES/EBUではサポートしていません。そのため、Aurender W20SEはFPGAによる非常に高品質なDSD-PCM変換を搭載しています。一般的に、CPUがいかに速くても、ソフトウェアでDSD→PCM変換を行うと、何千ものフィルター計算を並列に行う必要があるため音質が低下するケースがありますが、W20SEは、FPGA内部の数千個のタップフィルターを用いてDSD-PCM変換を正確に行い、優れたオーディオ性能を実現しています。

FPGAベースの完全デジタル制御フェーズロックループシステム(PLL)

フィールド・プログラマブル・ゲート・アレイ(FPGA)とOCXOクロックを組み込んだオールデジタル・フェーズ・ロック・ループ・システム(ADPLL)は、デジタル・オーディオ・データ伝送の時間を正確に設定し、ジッターを無視できるレベル以下にまで最小化します。

再生キャッシュ用1TBソリッドステートドライブ&ストレージ用4TBソリッドステートドライブを搭載

4TBのSSDコンテンツストレージを提供する内蔵ドライブと1TBのSSDキャッシングドライブは、EMI干渉の影響からオーディオ回路を保護するアルミ削り出しの金庫に収納されています。1TB SSDを使用したキャッシングは、ファイルやストリーミングコンテンツ用に行われます。これにより、ファイルやQobuzやTidalなどのストリーミングサービスを利用する際の安定性が向上し、音質が向上します。

強力なリニア電源を搭載

W20SEの回路トポロジーのCPUやストレージなどの電源を供給するために、新しいリニア電源を設計しました。このリニア電源は、この重要な回路に高い安定性と低ノイズの環境を提供します。

二重絶縁LANポート搭載

LANポートは二重に絶縁されています。この二重絶縁されたLANポートは、ルーターのLAN接続によって発生するノイズからW20SEを絶縁します。

USB HDDとNAS(ネットワーク接続型ストレージ)に対応

ベストプラクティスは、W20SEの内蔵SSDに音楽を保存することです。しかし、Aurenderのプラットフォームは、NASまたは外付けUSBハードディスクドライブに保存されたコンテンツを、Folder/Fileブラウジングを使用して選択して再生することができます。USB HDDまたはNASドライブ上のコンテンツは、Aurender Conductor Appを使用して、W20SEの内部ストレージに便利にコピーすることができます。または、必要に応じて Mac/PC を使用してネットワーク経由でコンテンツを転送することもできます。

リモートインターネット技術サポート対応(英語のみ)

Aurenderでは、ユーザーがAurender Conductorアプリから直接技術サポート担当者に直接通信できるようになっています。リモートサポートリクエストを送信することで、技術者はインターネットを介して問題を迅速に診断し、修正することができます。

諸特性

対応フォーマットDSD (DSF, DFF), WAV, FLAC, AIFF, ALAC, M4A, APEほか
対応サンプリングレート/ビットレートSPDIF/AES シングル出力: DSD64 (DoP), DSD64, DSD128, DSD256, DSD512(DSD to PCM変換=88.2 and 176.4 kHz) 

デュアルAES出力: DSD64 and DSD128(DoP),
DSD64, DSD128, DSD256, DSD512 (DSD to PCM変換=88.2, 176.4 & 352.8kHz) 

USB出力: 32-bit / 384kHz, 1-bit, 2.8MHz (DSD64), 5.6MHz(DSD128), 11.2MHz (DSD256), 22.4MHz (DSD512)
DSD to PCM変換対応レートDSD64/128/256/512 to 88.2/176.4/352.8kHz (デュアルAES出力時のみ)
再生キャッシュ用ストレージ1TB
楽曲保存用ストレージ4TB SSD (2.5″ 4TB x 1)
電源バッテリー+リニア電源
ディスプレイ3.7インチ有機EL×2
デジタルオーディオ出力​​​​USB, COAX, Optical, BNC, AES/EBU x 2 (デュアルAES出力対応)
対応クロック入力(BNC 75Ω) 10MHz, 12.8MHz , 44.1kHzおよび48kHz の整数倍(1〜512倍)​
デジタルデータ用端子​2重絶縁LANポート, USB Aポート x 2
消費電力再生時:40W, 最大:70W, 待機時:3.5W
専用ソフトウェア対応OSiPad OS / iOS (Lite Version) / Android OS(スマホはLite Version)
寸法430(W) x H127(H)x D370(D) mm
重量21.1kg