メディアサーバー・ネットワークトランスポート「aurender」

音楽の転送

音楽の転送

メディアサーバーのハードディスクにファイルをコピーするための方法は2種類あります。ひとつめの方法は,LANでネットワークに接続し,PCやMacを使用してファイルをメディアサーバーにコピーする方法です。もうひとつの方法は,背面のUSBポートにUSBメモリーを接続する方法です。

  1. 新しいファイルがメディアサーバーに内蔵されているHDDで検出されると,メディアサーバー内部のスキャナープログラムは,メディアサーバーのフォルダーやファイルの変更を監視します。1分間の間にその他の新しいファイルが検出されない場合には,自動的にスキャナープログラムが起動し検出された曲のメタデータを含む曲目データベースを生成します。
  2. 最新のデータベースをすぐに反映したい場合には,「aurender Conductor」上で「曲情報データベースを更新します」を押して,iPadにデータベースを転送してください。データベースのサイズによっては,転送に数秒から数分かかることがあります。

メディアサーバーに曲のファイルがコピーされた後も,スキャンされてDBがiPadにダウンロードされるまでは新しい曲を再生することはできません。また,カテゴリーが正しく分類されるように,曲には適切なタグ情報を設定することを推奨します。リッピングとタグ設定にはdBPowerAmpをお薦めします。

Windows PCをお使いの方

1. キーボードでWindows + R を押します(START -> RUN)。

win1

2. バックスラッシュ(日本語環境では円記号¥)2つに続けてaurenderのIPアドレス(たとえば\\192.168.1.171)を入力します。aurenderのIPアドレスは,iPadアプリケーションのSETTINGにあるNAS SHAREという項目に表示されます。

3. OKをクリックすると「hdd1」という名称のフォルダーを含んだウィンドウが表示されますので,フォルダーを開きます。

4. ポップアップウィンドウが表示されてユーザー名とパスワードの入力が求められます。この情報は iPadアプリケーションのSETTINGにあるNASという項目に表示されます。

5. ファイルをhdd1またはその中のサブフォルダーにドラッグアンドドロップします。

win2

6. サブフォルダーは,新規作成,名称変更,削除が可能です。

サブフォルダーを追加するには,何も表示されていないところで右クリックしてNew -> Folderを実行します。サブフォルダー数が6以下の場合には,ボタンの2列目にサブフォルダー名が表示されます。

サブフォルダーが6を超える場合には,最初の5つが(アルファベット順に)表示され,最後のボタンが「Misc..」という名称になり,残りのサブフォルダーはここから検索することができます。フォルダー名を [My Songs] のように角括弧で囲むことによって,2列目のボタンで表示させたいサブフォルダーを指定することもできます。Lost+Foundというサブフォルダーはaurender内部で使用されますので,無視するようにしてください。

注:一度に大きなライブラリーをインポートしようとすると非常に時間がかかることがあります。ファイルのインポートはできるだけバッチ処理で行うようにしてください。

Macをお使いの方

1. デスクトップの一番上にあるメニューバーにFinderを表示させます。

2.ナビゲーションバーでGO -> CONNECT TO SERVERをクリックします。

mac1

3. (smb://192.168.1.171のように)「smb://」の後に aurenderのIPアドレスを続けて入力します。ConductorのSETTINGS -> NASでIPアドレス情報を得ることができます。

※ OS X Mavericksの場合には「cifs://」の後にaurenderのIPアドレスを続けて入力します。ただし、Mavericksのバグにより一部のファイルを正常に転送することができない場合があります。その場合は、SMB1を強制的に有効にしてください。

【参考】http://news.mynavi.jp/column/osxhack/110/

mac2

4. 「Connect」をクリックすると「hdd1」と名称が設定されたフォルダーを含んだウィンドウが表示されますので,このフォルダーを開きます。

5. ポップアップウィンドウが表示されてユーザー名とパスワードの入力が求められます。この情報は iPadアプリケーションのSETTING -> NASという項目に表示されます。

注: aurenderがギガビットネットワーク経由で接続されている場合,転送速度はほぼ50MB/秒となり,1TB分のファイルをコピーするには5-6時間程度を要します。このため,ファイルのコピーはバッチ処理で実行することをお薦めします。ファイルのコピー中でも,aurenderは音楽再生を実行することができます。

USBストレージデバイス

最新のAurender System Softwareでは,「Aurender Conductor」アプリの「設定」の「ディスク情報」タブからUSBメモリ/HDDを利用することができます。ユーザーはメディアサーバーに接続されているUSBストレージデバイス(ただし同時に複数のUSBストレージデバイスを接続することはできません)の情報を直接再生することも,「Aurenderへコピー」を実行してUSBストレージデバイスの情報をメディアサーバー内蔵のHDDにコピーすることもできます。

USBストレージデバイスの情報をメディアサーバー内蔵のHDDの特定のフォルダーにコピーしたい場合には,メディアサーバー内蔵のHDDに構築されているファイル構造と同一の状態にしてからコピーを実行してください。例えば,貴方が”Music1/Rock/Eric Clapton/24 Nights”というフォルダーを持っていて,Eric Claptonの他のアルバム“Clapton”をUSBストレージデバイスからメディアサーバーにコピーしたいとします。

その際,USBストレージデバイス上で準備すべきフォルダー構造は”Rock/Eric Clapton/Clapton”のようになります。メディアサーバーへのコピーが終了すると,メディアサーバー内蔵のHDDの中は”Music1/Rock/Eric Clapton/Clapton”のように見えています。

メディアサーバー内蔵のHDDに構築されているファイル(フォルダ)構造とUSBストレージデバイスに構築されているファイル(フォルダ)構造が異なる場合には、コピーされたファイルは内蔵HDDの”Music1/Etc”の中に保存されます。

USB接続タイプの外付け光学ドライブ

注意:現在は本機能はメーカーからは推奨されておりません。補助的な機能としてお使いください。

USBのCDドライブをメディアサーバーのUSBポートに接続すると,メディアサーバーが自動的にCDをハードディスクにリッピングします。この際,インターネットのFreeDBデータベースからの情報をもとに曲にタグを設定し,FLAC形式に圧縮して内蔵HDDに格納します。ただし,インターネットの曲目情報には正確でない場合や情報がない場合がありますので,誤りがないか確認して使うようにしてください。

PAGETOP
Copyright © 株式会社エミライ 国際貿易事業部 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.